30代である日突然敏感肌に変わった…?は意外とよくある話

20代の頃、少し年上の先輩からこんなことを言われたことはないでしょうか?
「30歳を超えたらある日突然、急にガクンと何かが落ちる瞬間がくるんだよ」

この「何かがガクンと落ちる」経験をすると、その後急に体力の衰えを感じて、徹夜したり激しい運動をしたりするのが難しくなるというのです。

わたし自身、20代の頃はそんな話は話半分くらいで聞いていましたが、実際に30代半ばになって最近、確かにガクンと何かが落ちた感じ、を経験してしまいました。「あああ、これなのかー!」と驚いたと同時に、自分の年齢を実感してちょっと落ち込みました。それ以降、確かに、徹夜や激しい運動がキツイ、昔に比べたら疲れがなかなか抜けないという状態になりやすくなったと思います。

そんな年齢を感じる変化、体に起こるのはよく聞く話ですが。
実は肌でも同じく、年齢を重ねたからこそ起きることがあります。

それが、30代を超えたら急に肌が敏感になったというものです。

多少肌荒れしても生活習慣が乱れてもいつも通りスキンケアは行えていたはずなのに、ある朝急に今まで使えていたスキンケアが使えなくなった。長年使えていたはずのファンデーションが急に使えなくなった。そんな状態になってしまうことがあるのです。

これは別に特別なことでもなんでもなく、30代を超えると誰でも、もちろんあなたにも起こる問題です。なぜこんなことが起きてしまうのか、その理由と対策をまとめてみました。今まさに困っている!という方に参考にしてみてもらえたらうれしいです。

スポンサーサイト

30代、40代である日突然敏感肌になってしまった!が起こる理由

30代の肌は変わりやすいもの

そもそも、敏感肌は何かが原因で肌のバリア機能が崩れてしまう誰でも陥る肌の状態です。

この肌のバリア機能が崩れる原因は本当に様々で、ストレスの多い生活や生活習慣の乱れ、紫外線の浴びすぎ、洗顔やパックなど顔の触りすぎでも起こってしまうものです。そもそもバリア機能は皮膚の表面をおおっている角質層と皮脂でできているものなので、角質を無理やり取ってしまったり、皮脂が奪われて肌がカサカサになってしまうことでも起こります。本当にちょっとしたことでバランスを崩しやすいのです。

一方、30代以降の女性の肌はガクンと変化を感じやすい時期です。

生まれた時から肌はずっと退化し続けると言われますが、30代〜40代はそのピークのような時期。肌が保っていられる水分が減少してくるため、肌のバランスが崩れやすいのです。そこへ、今まで肌に蓄積されてきたダメージがコップから溢れ出すように皮膚の表面へ出てくるので、肌質も大きく変化することがあります

30代以降は健康な肌ではいづらくなる

そんな変化の時期なので、特に何もしていなくても肌から皮脂まで減少し、勝手に肌のバリア機能も低下することも多いのです。だからこそ特に心当たりもないのに、ある朝急に今まで使っていたスキンケア化粧品が使えなくなった、化粧かぶれを起こすようになった、という敏感肌の状態につながっていくというわけです。

この10年間、肌にあらわれる変化は人によって大きく差が開きます。今までとさして変わらないという場合もあれば、驚くほど変わってしまうということもあります。でもどちらにせよ、この肌の衰えが急激に進み始めるので、肌は不安定な状態が続きやすいことを覚えておいてください。

30代、ある朝肌が敏感になった!が起こった場合の対策は?

では、もし本当に朝起きたらスキンケアが使えなくなっていた。今までと同じスキンケアを使っているけれど、なんとなく肌の調子が悪くなった、という場合はどうしたら良いのでしょうか?

まずは化粧水の使用をやめる

まず、化粧水の使用をやめましょう。あまりにつらい場合は、洗顔料も1度ストップしても良いです。傷に水を当てるとヒリヒリ痛むように、肌が敏感になっている時は水分や泡がしみやすいです。肌の調子が戻るまではぬるま湯で顔を流して、スキンケアはクリームか乳液のみ、としてみてください。

「肌を触る」行為を控える

敏感肌が悪化する大きな原因のひとつに「摩擦」があります。肌を触ったりこすったりすればするほど、肌にじわじわとダメージを与えることになってしまうので、極力肌を触るのを控えること。荒れた肌にに雑菌を繁殖させないためにも、触る時はキレイな状態の手で。「そっとやさしく」をできるだけ意識してください。

紫外線を絶対に浴びないようにする

これ以上の肌へのダメージを防ぐため、特に大きなダメージになる紫外線対策をしっかり行いましょう。肌に日焼け止めを塗ると石鹸で落とさないといけないので、肌の状態が悪い時はフェイスパウダーやミネラルファンデーションを念入りに塗っても良いです。できるだけ紫外線に当たらないように工夫して、肌が落ち着くのを待ちましょう。

肌を休める。よく眠る

1番大切な対策がこれ。よく眠って肌を休めることです。ダメージを受けた肌は、回復させなくてはいけません。回復させたい時に大切なのはやはり眠ること。よく言われる「肌のゴールデンタイム」の22時〜2時には、確かに眠っていると体の回復を担っている成長ホルモンがたくさん分泌されるので、回復も早められます。

ある日突然肌が変わった!というのはどんなことであれショックを受けるものです。ただ、焦っても慌ててもどうしようもありません。とにかく肌の回復を第一に。落ち着いて肌をいたわってあげてください。

敏感肌になったら、スキンケアも変えなくちゃいけない?

30代〜40代の敏感肌は誰にでも起こることでもあり、特殊な状態ではありません。肌がある程度回復すればまた元の状態に戻る可能性も高いです。だから、スキンケアもそのまま使える可能性もゼロではないでしょう。

でも、基礎化粧品を使っていて肌が刺激を感じたというのはやはりあまり良くないこと。肌が不安定な状態になっているとしても、安心して使えるスキンケア化粧品を選んだ方が良いのは確かです。しかも、この敏感肌になってしまったのは加齢による衰えが原因になったというところもできれば対策しておきたいところでしょう。

そこで、もし基礎化粧品を見直そうと思うなら、アヤナストライアルセットがおすすめです。

敏感肌の年齢肌にアヤナスが便利
  • ポーラとオルビスが共同開発した、敏感肌用スキンケアブランド
  • 肌ストレスに着目し、肌を敏感にしてエイジングを加速させる肌を食い止める
  • だからこそ、敏感肌でもエイジングケアを同時にケアして安心と美肌を両立
  • @コスメでの1位獲得をはじめ、ベストコスメ大賞6冠を達成している
  • アルコール不使用、皮膚科医立ち会いのもとテスト済みなので安心

と、敏感肌とエイジングを同時にケアできるようになっています。

使い心地はまるで、日々のストレスをリセットしてくれるようなスキンケア。安心して確実に、肌を食い止めていきたいなら試す価値のあるスキンケア化粧品です。

10日分のトライアルセットが1,480円で試せます。
もしお困りなら悩むのはやめて、気軽に試してみてください。

スポンサーサイト