そもそも抑毛クリームって何?効果あるの?

今回、NOISUを使ってその感想をまとめる中で、素朴な疑問にぶち当たりました。
それは、そもそも抑毛クリームって何なの???ということ。

  • そもそも「抑毛」って何なの?
  • なんで抑毛できるの?
  • 安全なの?
  • 怪しげな成分を使ってるんじゃないの?
  • 合法的なものなの?嘘じゃないの?
  • どういう仕組みなの?
  • 本当に効果を期待できるの?

考えれば考えるほど、意味がわからないなあと思ったのです。

でも、NOISUを使ってみたら本当に満足いく結果を得ることができたし。
実際に違いを感じることもできました。

※NOISUの感想をまとめた記事はこちら:
顔の産毛が減った!NOISUを使った口コミ体験談(敏感肌ver)

でもそれがなぜ実現できるのかがわからない!!!
その「仕組み」がよくわからないのが気持ち悪いので、そもそも抑毛クリームって何なの?というところも勉強してまとめてみることにしました。

わたしと同じく、「胡散臭いわあ…」「本当に大丈夫なの?」と疑問をお持ちのあなたに、役立ててもらえたらうれしいです。

スポンサーサイト

抑毛クリームが効果を発揮するとされる基本的な仕組み

抑毛クリームとは、意識しないとあまり目にする機会もないですし、種類も少ないですが、本当に存在している(大げさ?)スキンケアクリームの一種です。
有名なものでは、パイナップル豆乳ローションが1番かなあ、というところ。

抑毛クリームって大丈夫?どんな仕組み?

「抑毛」ってとても胡散臭い響きがありますが、その仕組みは意外と単純。
ちょっと勉強してから実際に抑毛クリームを使ってみたら、「なるほど!」と理解することができました。

抑毛クリームについて知るには、まずは人の毛が生えたり抜けたりする仕組みを知る必要があります。まずはそこからザックリ解説していきます。

人の毛が生えたり抜けたりする仕組み

人の体の産毛は実は毛の成長周期に合わせて成長したり抜けたりまた生えてきたりしています。しかも生えている量は一定ではなく、実は自分の体調や環境によって増えたり減ったりしているものです。
その周期はある程度一定で、「成長期」と「退行期」、「休止期」の3つに分類することが可能です。実は人の毛は表面に出ているのはほんの20〜30%ほど。成長期後半〜退行期の毛が普段目に見えている毛です。残りの毛は皮膚の内側で育ちながら出ていく順番を待っているというのが普通の状態です。

※ムダ毛処理をしても翌日にはもう生えてきた!という状態になるのは、成長してきた別の毛が順番を待って皮膚上に出てきたからです。毛が伸びるのが早いからとか毛深いからいろいろ言いますが、そもそも違う毛が生えてきているだけです。

人の毛が生え変わる、毛周期

そして、人の毛の成長速度は本当に様々です。生え変わる速度も様々。

どのくらいの期間で成長期に入るのでしょうか。結論から申し上げますと、成長期を厳密に見極めることは不可能と言われています。 毛周期には個人差があり、患者様によってその期間には大きくバラつきがある上に、部位によっても周期の差(数週間~数年)が大きいからです。

引用元:毛周期とは?|医療脱毛専門のリゼクリニック

だからどれくらいでその周期が一周りするのか、ということをはっきりさせることはできません。でも、その生えてくる毛の質、毛の成長速度はホルモンバランスが大きく関係することがわかっています

人の毛とホルモンの関係

女性の場合、普段から女性ホルモンが優位になっていることで女性らしい体や美しい肌をキープできるものです。加えて、毛を細く薄く目立ちにくくする働きかけも行っています。

でも、このホルモンバランスはちょっとしたことですぐにバランスを崩してしまうのが残念なところ。ホルモンバランスが崩れると今度は男性ホルモンが増えていくようになります。

男性ホルモンにはテストステロンという毛の成長を促す成分が含まれています。男性ホルモンが優位だと当然、このテストステロンも元気になってしまうもの。産毛もワサワサ増えていってしまうのです。(これがいわゆる女性のオス化というものです)

さらに、ホルモンバランスが崩れていると皮膚の代謝も悪くなっていきます。
すると、生えている毛の成長速度も鈍くなるし生え変わる時期がきた毛も抜け損ねるという状態にもなるし…。さらに産毛がワサワサ増える状態につながることになります。

特に鼻から下の毛、男性の髭が生えてくる部分はその影響をたくさん受けます!
アゴや口の周りの毛が増えてきた、という場合は黒くて太い毛が急に生えてきた、という場合はまさに、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になっている状態なのです。

女性ホルモンを助けて毛も細く目立ちにくくするのが抑毛クリーム

そんな女性のオス化を防いで(女性ホルモンの元気を支えて)ホルモンバランスを整えれば、産毛も気にならなくなってくる、というのが抑毛クリームの基本的な考え方です。

確かに、ホルモンバランスが崩れているなら、女性ホルモンを元気にする対策を取って、元に戻すようにすれば良いのです。そうすれば、徐々にではありますが、産毛の濃さも変化してきます。

わたし自身、不規則で忙しくてストレスフルな会社員をしていた頃やホルモンバランスがまだ一定ではなかった思春期の頃よりも明らかに顔の産毛が目立ちにくくなったなあ…!と感じています。

今日から自分でできる、顔の産毛を本当に薄くする方法

その仕組みをスキンケアにも取り入れたら良いはず!という考えのもと、作られているのが抑毛クリームや抑毛ローションなのです。

抑毛クリームでよく使われる成分(怪しくなかった)

抑毛ローションやクリームでも、よく使われる成分がいくつかあります。

  • 大豆イソフラボン
  • ザクロエキス
  • プエラリアミリフィカ
  • 黒ダイズエキス
  • ローズウォーター
  • パパイン酵素(パイナップル酵素)
  • ビタミンC誘導体

女性ホルモンの元気を支える対策を肌にも直接やってみよう!という仕組みを実現するためのものなので、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンやザクロエキスがメインに使われているものばかりです。

※大豆イソフラボンは豆乳や納豆から抽出することができる成分ですが、豆乳を直接塗れば良いわけではありません(大豆のタンパク質が肌への浸透を邪魔します)。抑毛ローションに含まれているイソフラボンはきちんと皮膚になじむように加工されているものです。

詳しくはこちらで:手作りの豆乳ローションには抑毛効果はないの?

あと、悪くなった肌の代謝を促せるように酵素やビタミンC誘導体など肌のターンオーバーを促せる成分を組み合わされていることも多いです。これで、滞っている毛の成長を促せる環境を整え、効率よく産毛を押さえ込めるようにしているようです。

抑毛クリームでよく使われる成分は女性ホルモンを助ける成分

というわけで、抑毛クリームは別に怪しい成分を使っているわけでもないし、肌への負担がとてもかかるわけでもありません
むしろ、抑毛効果が期待できるのはもちろんのこと、肌にとってはとてもプラスになる成分を補うことができるというものでもあります。

で、抑毛クリームの効果はそんなに期待できるもの?

では、これで本当にしっかり抑毛することができるのか!?というと、時間はかかりますがなかなか頼もしい効果が期待できると思います。

そもそも、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンを優位にすれば毛も細く目立ちにくくなっていくという考え方は確かに間違いないのですが、これを皮膚に直接やったところでどんな影響があるのか、というと…。ホルモンバランスを整えるサポート、という意味では大したことないだろうなあ、と思います。

使っているうちに毛がなくなった!とか、使った翌日から毛が生えなくなった!なんてことはあり得ません。でも、1ヶ月〜3ヶ月毎日コツコツ続けているうちに、「あれ?毛がチクチクしていない!?」と気がつく方が多いです。。

実際に「本当に毛が目立ちにくなった!」「ムダ毛処理をする回数が減った!」という口コミもあります。わたし自身、NOISUを使って本当に口の周りのムダ毛が目立ちにくくなったし、鼻のブツブツした黒ずみがびっくりするくらい目立ちにくくなりました。

研究のおかげで効率の良い成分がうまく作用した?

日々、様々な研究がされている中で、大豆イソフラボンなどのいわゆる抑毛成分をもっと効率良くもっと効果的にするための加工技術はどんどん向上しています。抑毛クリームにもそんな工夫された成分が配合されていることも多く、これがうまく作用したから効果が出た!という可能性も高いです。

肌の代謝が促されたおかげで毛の成長も促された?

たまたま本当に肌の代謝が落ちていて抜け落ちるはずの毛も抜けなかったりしていた状況で、クリームのおかげで代謝が促されて肌が動き出し、産毛の質も良くなった(細くなったり減ったりした)という可能性もあります。

正しいケアのおかげで毛穴が引き締まって毛が目立ちにくくなった?

イソフラボンや酵素、ビタミンC誘導体や更に効果を高めるべく加えられている保湿成分がうまく働きかけ、たるんだり乾燥していた毛穴がふっくら引き締まり、毛穴のせいで目立っていた毛が目立ちにくくなったという可能性もあります。

と、本当に配合されている成分や使い方、その人の肌の状態などによって、その効果はガラッと変わります。だから、抑毛クリームはウソっぽいけれどその効果は人それぞれ、けっこう頼れる可能性も高いというわけです。

これは、大豆イソフラボンがもともと持つ抑毛機能によるところが大きいです。
女性ホルモンと似た働きをするだけでなく、肌に直接塗ることで毛穴を塞ぎ、毛を成長させる栄養素を届きにくくする働きがあるのです。

詳しくは:大豆イソフラボンの抑毛効果は実はちゃんと実証されているらしい

毛を抑え込んでいるだけだから、やめたら元通り?

ちなみに、抑毛ローションはやめたらもとに戻ってしまうと言われることが多いです。
これは半分正解で半分間違いなんじゃないかなあ?と思います。

というのも、長期的にみたら確かにもとに戻ってしまいそうですが、普通のスキンケアに切り替えてもある程度は維持できるのではないかと思うのです。
滞っていた肌が良い状態に戻って毛が目立ちにくくなったという場合は特に、そのスキンケアを維持できたらある程度はその状態を保つことができるので、そこそこキープできそうな気がします。

NOISUなどの抑毛クリームは本当に効果ある?

大切なのは、ムダ毛が気になるパーツにも正しいスキンケアをして、その状態をキープすることです。あとは、生活習慣もしっかり改善しながら、ホルモンバランスが良い状態をキープする工夫も加えたら、抑毛クリームを使わなくたって、大丈夫な状態を保てるでしょう。

(多少の変化はありそうですが、ここも個人差がかなり大きい部分になりそうです)

実は抑毛クリームは肌への負担が1番少ないムダ毛対策

そんなこんなで胡散臭さが拭いきれない抑毛クリームですが、1つ確かなことがあります。
それは、どんなムダ毛対策よりも1番肌にやさしい対策であるということ。

カミソリで毛を剃ったり、毛抜きで毛を抜いたり、レーザー脱毛してみたり、除毛クリームやワックス脱毛してみたり、いろいろな処理方法はありますが、正直なところどれもとてもリスキーで肌への負担も大きいもの。
それに比べて抑毛クリームは、1度ムダ毛処理をしたらあとは抑毛クリームやローションで丁寧なスキンケアをするだけでそんな処理の回数を減らしていくことができます。これはつまり、肌への負担も減らすことにつながるということ。こんなケアはなかなかありません。

  • 脱毛はなかなか勇気が出ない
  • 日々のムダ毛処理で肌への負担が心配
  • ムダ毛は自分で処理していきたいけれど面倒くさい
  • 子どもに負担をかけないムダ毛処理をしていきたい
  • 毛が濃いのが嫌!減らせるものなら減らしたい!

劇的な変化や魔法のように毛がなくなるようなことはありません。でも、こんなお悩みをお持ちの場合なら、確かに意味があると感じられるケアができるのではないかと思います。

もし使ってみようかどうしようか迷われているならスキンケア、プラスアルファの感覚で、2〜3ヶ月くらい使ってみてください。それだけ続けてみたらきっと、自分なりに合うかどうか、そして自分にちょうど良い使い方が見つけられると思います。

どの抑毛クリームかで悩んだら、こちらが良かったです。
顔の産毛が減った!NOISUを使った口コミ体験談(敏感肌ver)

スポンサーサイト

こんな記事もおすすめです

NOISUについての記事

関連記事