ムダ毛は毛抜きで抜いたらダメ!「痛い」のは肌を傷めている証拠

毛抜きなしで肌をツルツルにするには?

定番のムダ毛処理である毛抜きやピンセットでの処理。手軽だしかんたんなのでもう長年ずっと続けている、という方も多い方法です。

毛をつまんでスッと抜けるとちょっと達成感もあり、気が向いた時に行える気軽さもあり、きれいになるので嬉しさもあり、きちんと抜いておけば毛が生えてくるスピードも遅らせそうな期待感もあり、なかなか良いムダ毛処理方法のようにも感じられますが…。

実は、毛抜きで毛を抜く方法は肌へのダメージも大きく、あまり良い方法ではありません

眉毛などの比較的抜けやすい毛ならまだ良いのですが…。そのまま知らずに続けていると肌にシミを増やしたり毛穴のトラブルを起こす原因にもなってきます。できれば今すぐ、やめていきましょう!!

ムダ毛は毛抜きで抜いています。は実はNGなムダ毛処理方法

毛抜きでムダ毛を抜くのがなぜダメなのか?それはいくつかちゃんと理由があります。

本当に怖い、毛抜きでのムダ毛処理
  • 毛を抜く痛みは肌にとって大きなストレスになること
  • 毛を無理やり引き抜いていると毛穴も押し広げる原因になる
  • 毛を抜く時に毛穴の内部を傷つけると、炎症を起こすことがある
  • 結果的に埋没毛、毛のう炎などの肌トラブルの原因になる
  • 毛を抜く時に肌を引っ張ることで肌がたるむ原因にもなる

毛抜きで抜くだけなのでついつい気軽に考えてしまうものの、実は気が付かないうちに肌トラブルの原因を自分で作っていたというのは本当によくある話です。
小鼻や脇など少し毛をつかみにくいパーツでは、ピンセットを無理に押しつけたせいで怪我をしたり炎症を起こして跡が残ったりすることも多いです。毛を抜いたら血が出てしまった、という経験がある方もいるでしょう。

自分では大丈夫、と思っているつもりが実はそうでなかった!と手遅れになることも本当にあり得ます。

毛抜きで毛根を引っこ抜いても、毛根は殺せない

ただ、毛抜きでムダ毛処理をしている人の中には、毛抜きで抜いておけば

  • また次の毛が生えてくるまでの時間が稼げるかも…
  • 毛根まで抜けたらもう毛が生えてこなくなるかも…
  • 毛が細くなってくるから、ムダ毛を減らすのにも役立つかも…

と、ちょっと都市伝説のようなウワサを信じている方もいるかもしれません。
でも、これはもちろん全部間違い。そんなことはありません。

実際に毛抜きで毛を抜けば、カミソリでそった時と違って細くてチクチク主張しない毛が生えてきやすいです。繰り返していたからと言って、カミソリのように毛が濃くなるようなこともありません。

でも、だからと言ってムダ毛を減らすことにつながるわけではありません。毛抜きで抜いても抜かなくても、ムダ毛の量を変えることにはつながらないのです。

スポンサーサイト

埋没毛やニキビ、肌荒れの原因になるし、将来的にはシミの原因にも…

その上、毛抜きを使うことの1番怖いことは、毛抜きで処理したせいで肌のトラブルを起こす可能性がとても高いということ。特に怖いのが、毛が埋没してしまったり毛のう炎(ニキビのようなできものができること)ができたり、肌をたるませたりしてしまうことです。

脇の永久脱毛をした人によくある話が1つあります。
レーザーに通ってなんとか脇の毛が生えてこなくなったのに、昔から続けていたムダ毛処理の方法が悪すぎて、毛穴がボツボツと盛り上がった状態から元に戻らず、結局ツルツルになっても脇を出すことができなかった、というものなのですが…。
(よくある別パターンでカミソリで処理し続けていたせいで色素沈着が激しく、思ったより効果が出なかったという話もあります)

これは逆に都市伝説でもなんでもなく、本当によくある話です。高いお金を払って脱毛しても、結局ワキがツルツルになることはなかったとなれば本当に悲しいです。

そうならないためにはやっぱり、毛抜きでの処理をできるだけ控える他にないのです。

パーツ別、よく毛抜きで処理する場所の正しいムダ毛処理方法

毛抜きを使ったらダメ、だというならどうやって毛の処理をしたら良いの?と思いますよね。いろんな人が肌の負担を最小限に抑えられるムダ毛処理方法を考えてくれています。できるだけ納得度の高い処理方法を集めてみました。

それぞれなるほど、と思える理由もあります。ぜひこの方法から試してみてください。

【正しいムダ毛処理方法】眉毛・まぶたの毛

眉毛やまぶた付近の皮膚はとても薄くてちょっとこするだけでもたるみや色素沈着を起こしやすい場所です。だから、基本的には自分の元々の眉毛の形をできるだけ活かすことが大前提。その上で、どうしても処理しなければいけない毛だけを処理するようにしましょう。

  • 眉から遠い薄い産毛はシェーバーで剃り過ぎに注意しながら剃り落とす
  • 目立つ毛だけをそーっと毛抜きで抜くようにする(抜きにくいなら無理せず!)
  • 眉付近の産毛、濃すぎる眉毛はバランスを見ながらハサミで整える

特に大切なのができるだけハサミでカットするようにすること。これができれば肌へのダメージ本当にゼロにできます。目の周りは刺激の影響が大きく出やすいところだからこそ、できるだけ注意深く処理していきましょう。

【正しいムダ毛処理方法】口の周り、小鼻の際の毛

口の周りや小鼻は毛があるだけでくすんで見えたり毛穴が目立ってしまったり、無駄に目立つというのが残念なところです。だからこそできるだけスッキリ抜いてしまいたいところですが…。ここはそれをぐっと我慢。

毛穴が目立ちやすい場所なので、毛抜きでより毛穴を目立たせてしまうことを避ける必要があります。そのため、処理するならシェーバーだけを使うようにしましょう。毛の流れに剃って、できるだけ1〜2回で終わらせるように慎重に行ってください。

ムダ毛に毛抜きを使えないならどう処理する?

また毛が目立つからこそ抑毛クリームを使うと特に便利なパーツでもあります。満足できる抑毛クリームが見つけられたら、ほとんど処理が必要なくなったというケースも多いです。

【正しいムダ毛処理方法】指毛、足毛

指や足の毛も確かに目立つのでできれば抜いてしまいたいところですが、そもそも指や足は細菌がとても多く存在しています。自分では清潔にしたつもりでも、ムダ毛処理で炎症を起こす可能性がとても高いです。

もし処理するならダメージの少ないシェーバーを使うか、除毛クリームを使っても良いです。できるだけ丁寧にやさしくケアしたら、絶対にアフターケアは忘れずに。できれば殺菌・抗炎症効果のあるクリームなどを使って、できるだけ肌を休ませる時間を取れるようにしてください。

【正しいムダ毛処理方法】ワキ毛

ワキ毛は皮膚も薄いし毛も太いし色素沈着も起こしやすいしでも毛はそのままにしておけないし、と実は毛の処理がとてもむずかしいパーツです。だから実は、できるだけ触る回数を減らすというのが理想的なケアです。

とは言っても毛は放置できないので…。

  • 電気シェーバーを使ってできるだけ短くする(完全に剃れないので)
  • 抑毛クリームを使って処理速度を遅くする
  • ここぞという時はカミソリでスッキリきれいに剃ってしまう

というのが自分で行うベストなやり方です。

理想を言えばやっぱり、永久脱毛をしてしまうのが1番良いというのも1つの考え方。今すぐは難しくても、濃さや処理の難しさを感じているなら1度真剣に検討してみても良いと思います。

ムダ毛を薄くしたいなら、脱毛や抑毛クリーム+生活習慣改善

毛抜きでムダ毛が薄くなったら良いのに…と思って使っていた、というなら1度使ってみてもらいたいのが、抑毛クリームです。

女性のムダ毛を増やす原因になるのが、男性ホルモンに含まれるテストステロンという成分。この成分を増やさないためには、女性ホルモンをどんどん取り込んでいくのが1番です。もちろん、スキンケアで取り込んでいくのもちゃんと対策になるとされています。

そんな女性ホルモンを補うケアができるのが、抑毛ローションや抑毛クリームです。

NOISUなどの抑毛クリームを使うのも正しいムダ毛処理

大豆イソフラボンやザクロなどの女性ホルモンをサポートする成分が主成分。さらに肌の代謝を促す成分も配合して肌を柔らかく保つよう働きかけてより抑毛効果を得やすい環境を整えたり、保湿成分や毛穴を引き締める成分なども一緒に配合して肌を美しく整えたりもできるようになっています。

そんなクリームを上手に活用しながら、女性ホルモンを増やす生活習慣を心がけていけば、本当にムダ毛を減らしていくこともできるはずです。時間はかかりますが、これが1番確実な方法です。

どうせなら満足度の高い抑毛クリームを!

2017年現在、抑毛ローションやクリームは値段も品質もピンきりです。有名なローションだけど実は濃度が薄すぎて全然満足できない、というものもあれば、良いらしいものの値段が高すぎて使いづらいというものもあります。

そんな中で今のベストだなと思う抑毛クリームがNOISUという抑毛クリーム。口の周りの産毛対策用クリームとして作られていて、大豆イソフラボンやザクロ、プエラリアミリフィカなど女性ホルモンを助ける成分の濃度はじゅうぶん。脱毛サロン注目の成分も配合するなどより満足できるように工夫されています。

そのおかげか、3ヶ月以内にムダ毛処理の回数が減ったと実感した人が98%を超えているのが大きな特徴。使い方は朝晩2回塗るだけ。特別トライアル定期コースが用意されているので(いつでも解約可能で返金保証付き)、気楽に試してみられるクリームです。

今すぐ毛抜きやピンセットはやめて、肌にやさしいムダ毛処理をはじめましょう!

毛抜きやピンセットでのムダ毛処理はほとんどの場合、肌に悪影響を及ぼしています。

良かれと思っていたムダ毛処理が実は肌トラブルの原因になったり、シミやたるみを引き起こす原因になっていた…。とあとで後悔しても本当に後の祭り。今すぐそんなムダ毛処理はやめて本当に正しいムダ毛処理方法をはじめましょう!

シェーバーや抑毛クリームを上手に活用すれば、毛抜きを使うよりもずっとラクで肌にやさしいケアをしていくことも可能です。自分なりに工夫しながらベストな方法を見つけていってくださいね。

こんな記事もおすすめです

NOISUについての記事

関連記事