顔をカミソリで剃ると肌荒れが治る?悪化する!?肌荒れを早く治す方法

カミソリと肌荒れの恐ろしいウワサの真相

なんとなく最近肌がごわついて調子が悪い。肌荒れを繰り返していてなかなか良い状態になれない。気がついたらニキビが増えている。治ったと思ったニキビがまた同じ場所にできている…。

お肌の悩みはいろいろ尽きないものです。しかも、気にし始めたらずーーーーーーっと気になってしまって、ああもう嫌だ!という気持ちでいっぱいになるし。あまりに続いていたら、もう外に出るのも嫌だなあという気持ちになることだってありますよね。

わたしも、元敏感肌でニキビもできやすい時期もよくあったので、思い当たるフシがたくさんあります。こんな時って、何か一発逆転できる方法はないのか!?なんて思ってしまって、ついつい刺激の強いパックだとかクリームだとかを使いたくなってしまうのですが…。

そんなウワサの一環なのか、「繰り返す肌荒れやニキビ、顔の肌トラブルを解消するには、あえて顔の産毛をしっかり剃ると良い」なんてウワサもあると知って、ビックリしています。

確かに、顔の産毛を剃るとスッキリするし顔のくすみも取れるような気もします。でも、荒れた肌にカミソリの刃を当てるって…!
ウワサの真相を解説してみたいと思います。

繰り返すニキビにはカミソリで刺激を与えれば良い!?

本当に驚くべきウワサだな!と感じてしまった、「肌荒れにカミソリ」神話。

肌荒れとカミソリの恐るべきウワサの真相

顔そりはニキビに悩む方に特におすすめです。余分な皮脂や汚れは、うぶ毛に絡まりやすくなります。するとうぶ毛に絡まった汚れが毛穴を詰まらせ、ニキビを発生させてしまいます。ですから、ニキビ予防に顔そりは有効な手段と言えるのです。炎症が激しいときには傷つけてしまう可能性があるためおすすめしませんが、生理後にニキビが落ち着いたときなど定期的に顔そりを行うことを、ニキビ予防におすすめします。

参照元: 【医師監修】顔色アップだけじゃない!顔そりはしつこいニキビにも効果あり? | スキンケア大学

人気はあるものの、やらせ疑惑?もウワサされているスキンケア大学にもこんな記事が…。これは確かにニキビ肌にカミソリを使えば良いと思われてしまいそう!!

でも、この記事にある通り、このウワサの真相はたぶん「ニキビ予防」という言葉にありそうな気がします。

スポンサーサイト

なんでカミソリがニキビ予防に役立つの?

普通、肌は日々代謝をしながら健康な状態を保つものです。問題がなければ特に刺激を与えなくても肌が勝手に代謝をしてくれるものですが、年齢を重ねたり寝不足だったりストレスがたまっていたりするとこの肌の代謝がうまくできなくなるのです。

ターンオーバーはこんな仕組み

そんな代謝の悪い状態でホコリや皮脂にさらされたり、何らかのダメージを受けてしまったりするとどうしても肌荒れを起こしたりニキビができたりすることにつながります。

だから、ニキビや肌荒れを根本的に解決するためには、肌の代謝を正常にすることが必要不可欠!なのですが…。この代謝を正常化させるためにちょっとした起爆剤を用意してあげると良いのです。ピーリングパックや、クリーム、そしてカミソリでの顔そりがそれにあたる、という考え方です。

確かに、代謝が悪くなってごわつく荒れやすい状態は肌にとっても良くないので、代謝を促す起爆剤を使うのは悪いことではありません。でも、一方でいくら起爆剤だからとは言え、顔剃りを勧めるのはちょっと乱暴すぎるんじゃ…?という気もするのは確か。しかも、顔そりを正しいやり方でできたらまだ良いですが、より肌にダメージを与えるやり方で処理している人も多いという問題もあります。
(わたしもちゃんと勉強するまでものすごく間違っていたひとり)

だから、この方法めっちゃ良いんだよー!とはどうも言えない、怖い美容法だと思います。

そもそも、肌荒れしている肌にカミソリを使うのは大丈夫?

肌荒れすると肌は目で見て分かる通り、ボロボロっと皮がむけたりブツブツができたり、表面がゴツゴツした状態になっています。そんなところにカミソリの刃をあてるとやっぱり、危険です。

  • 皮がめくれそうなところに引っかかって皮を引っぱってしまう
  • ごわついたところに引っかかって傷になる
  • ブツブツやニキビにあたって削り取ってしまう場合も!

冷静に考えてみたらちょっと恐ろしいですが、ニキビや肌荒れにカミソリを使うのは、自分で自分を怪我させているのと同じです。そこでできた傷口にバイキンが入り、より肌荒れを悪化させたりニキビを化膿させたりする可能性がとても高いです。しかも、新品ではないカミソリの場合、実はバイキンがたくさんついていることも多いです。もちろん、まったく「大丈夫」ではありません!!

顔の産毛を剃ってツルツルになると、なんとなく肌がキレイになったような気がしてしまいますが…。自分では気が付かないほどの傷をたくさん作って肌を傷めているだけ、になっている可能性大です。

顔にカミソリ、ダメ、絶対!

カミソリによる肌荒れを早く治すには、肌を守って休めて労ること

でも、もう顔剃りしちゃった…。今肌荒れしているから困っているのに…という場合は、肌をひたすら守って休めてあげてください。

  • カミソリを使ったところをぬるま湯で洗い流す
  • タオルでポンポンと優しく水分を拭き取ったら、乳液かクリームを多めに塗る
  • 痒いなら、絶対に掻かないで、痒みがあるところを冷やす
  • できるだけ化粧は控えて、日光にも当てずに肌を休ませる
  • できれば早寝早起き(寝ている間に自然治癒力が働く!)

ポイントは、しみる原因になる可能性が高い化粧水と洗顔フォームの使用を控えることと、できるだけ早く寝るようにすることです。

カミソリに負けた肌は負傷した戦士のようなもの

赤みが出たりヒリヒリしたり、カミソリで肌荒れすると辛いことばかりです。だから早く治したい!ものですが…。やっぱりこれは怪我のようなものなので、焦りは禁物。あれこれ肌を触るのではなく、保護して休めることが本当に大切です。

本当にこの状態は負傷兵みたいなものなので…。
いたわって休ませてあげるのを1番にしてあげてください。

もちろん、顔に包帯を巻くわけにはいかないので、具体的に保護ってどうすれば良いの!?と思われるかもしれません。これは、自分の肌に合う乳液やクリームを塗ってあげれば基本的には大丈夫です。

できれば、乳液やクリームはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分がちゃんと入ったものだとより安心です。敏感肌向けや肌にやさしいものでも良いですが、普段から自分が問題なく使えているのであれば無理に別のものを用意する必要もありません。

また、炎症を抑える成分が含まれている、オロナインを寝る前に厚めに塗って保護するという方法でも良いです。油分が多いクリームなので、思春期のニキビに悩んでいる方にはあまりよくないかもしれませんが、そうでなければ保湿も保護も炎症を抑えるのも同時に行えるので、良い方法だと思います。

カミソリは健康な肌でも肌荒れの原因になる。
顔に使うのはNG

顔の産毛は気楽にカミソリで剃ってしまいがちです。気がついたら毛が生えているもんだから、ついつい面倒になってやっちゃったりします。

でも、カミソリで顔そりするのはやっぱりリスクが大きいです。

肌荒れ予防やニキビ予防にカミソリで刺激を与えるなんて方法はできるだけ避けた方が良いのはもちろん、健康な状態の肌のときでもできればちゃんとシェーバーを用意して肌にダメージを与えない顔剃りをしていった方が良いです。

肌荒れやニキビ肌の改善は、ぜひ別の方法で。
顔剃りは肌にやさしいシェーバーで。
ぜひ、お肌のために実践してみてください。

スポンサーサイト

こんな記事もおすすめです

関連記事