敏感肌にモッチスキンは使える。毛穴にもくすみにもすごかった!【使った口コミ】

伸びる洗顔料として気になって仕方がなかったモッチスキン。
毛穴の汚れがごっそり落ちるとかビヨーンとのびるとか「なんで?本当?」といまいち想像がつかないからこそ、使ってみたいと思うポイントがいろいろあり、少し前から使ってみたいなあでもどうしようかなあ、と迷っていた洗顔でした。

ちょうど使っていた洗顔がきれたタイミングでまた気になって悶々としていたので、思い切って使ってみることにしました。

使ってみたらなるほど確かに!よくのびーる濃密泡で、毛穴がすっきりするものの、なかなかクセのある洗顔だなあという印象でした。

モッチスキンは毛穴パックのような洗顔料

モッチスキンは楽天ランキングでも1位を取得したことのある洗顔料です。 「のびーる泡で毛穴をごっそり!」なんて書いてあるので、怪しい雰囲気も感じてしまってなかなか試す勇気が出なかったのですが、実はその内容は全然怪しくなかったです。

  • 毛穴をごっそり掃除するため、毛穴の汚れを吸い取る酵素とマリンシルトを配合
  • しっとりした洗い上がりを実現するために、はちみつとアルガンオイル、バオバブオイルも配合
  • ヘアスプレーみたいな容器に入っていて、濃密な泡で出てくるので手間いらず
  • 合成香料や着色料フリー。洗浄成分もアミノ酸系で植物由来の成分でできている
  • 泡がめちゃくちゃ伸びるし密着しやすい。おかげで低刺激だけどしっかり落とす洗顔を実現!

全成分を見てみても、実は余計な成分は含まれずほぼ問題なく使えそうな内容。「低刺激」というのも納得なシンプルな構成になっています。

濃密泡で密着率も高く、まるで毛穴パックみたいな洗顔ができる洗顔料になっています。

スポンサーサイト

というわけで、モッチスキンを実際に使ってみた感想

そんなこんなで、モッチスキンを使ってみました。
販売サイトで紹介されている通り、ヘアスプレー缶のような容器に入っています。

毛穴レスを目指せるモッチスキンを使ってみました

この缶に入った洗顔料を、ブンブン振ってからスプレーで泡を押し出すことになります。
サイズは大きめのケープぐらい。片手で持って泡を出すのはちょっと難しいサイズです。
(1回あたりピンポン玉くらいのサイズにすれば、約60回は使える量が入っているらしいです)

この泡を出すボタンが硬くて大変

ただ、この泡を押し出すのがなかなか大変で…。プシュッと軽く押しただけで出てきたら良いのに、それがなかなか出てこない。固くて仕方がないので、モッチスキンを台の上に置いて、ググッとしっかり力強く押すようにしたらやっとモリモリと泡が出てくる、という状態です。たぶん、子どもが泡を出すことはできないと思います。

モッチスキンのツヤツヤでモリモリの泡

でも、この出てくる泡が本当にスゴイ!!!濃密でめちゃくちゃもっちりした泡が最初からずっと出てきます。
しかも、この泡のツヤ!オイルがしっかり入っているだけあって、写真のようなモチモチでツヤツヤな泡が出てきます。しかも、しばらく放置していてもある程度は形を保てるくらい密度が高い泡です。

(写真にうまく収められなかったものの)泡がビローーーーンと伸びるのも本当。
泡立てたりこねくり回したりしなくても、本当に泡はトルコアイスのように伸びます

モッチスキンで実際に洗ったら、なんともクセのある使い心地だった

そんな泡でいざ、洗顔!
するとなかなか予想外な使い心地でした。

  • びろーんと伸びる泡の正体はグリセリンのような保湿剤が混ざっていることっぽい
  • 泡を顔にのせると確かに泡のクッションはできるけれど、同時にヌルヌルする
  • ノビの良い保湿剤をクルクルとすべらせているような感覚になってくる
  • ニオイが良くない…。無香料なのでノリかアメーバのようなニオイ。
  • 洗い流す時の泡切れがめちゃくちゃ悪い。ぬめりが残らないようにしっかり流す必要がある

普通の洗顔料だと思ったら、「あれ?あれ?あれ?」の連続。伸びる泡にはちゃんとカラクリがあって、この使い心地は賛否両論、好みが真っ二つに分かれそうだと感じました。

特に、泡切れが悪いのがなかなか難しい。グリセリンのようなネバネバがいつまでも肌に残るので、いつもなら20回くらいの洗い流しで洗顔を終えられるところが、最低30回くらい洗い流さないとしっかりヌルヌルが落ちなくて心配になりました

おでこの生え際やアゴにどうしても残りやすいので、ニキビができやすい人はより念入りに洗い流す必要がありそうです。

でも、モッチスキンの毛穴への効果はスゴイ!毛穴はすっきりくすみはさっぱり

そんなちょっと不安になる使い心地ではありましたが、モッチスキンで洗顔をはじめてからというもの、明らかに毛穴とくすみの状態が変化しました。

この頃、洗顔ブラシを導入して毛穴の目立ちはかなり改善していました。だから最初はそんなに変化を感じることはないんじゃないかと予想していたのです。

はじめて洗顔ブラシを使ってみたら自然に毛穴がキレイになった!

でも、モッチスキンで洗顔をはじめてからというもの、目立ちにくくなっていた毛穴がさらにキュッと引き締まったように感じました。時々ブツブツっと飛び出していた角栓も見事に気にならなくなって、この洗顔があれば毛穴のスペシャルケアなんて必要なくなるわ!と感じられるほどでした

気がついたら肌色もパッと明るくなっていて、まだこんなに白くなる要素が残っていたなんて!と驚いたほど。それなのに洗い上がりはつっぱらずさっぱりしていて、その後のスキンケアも入りやすくより効果を発揮しやすい肌に整えられたように感じました。

モッチスキンを使って感じたメリットとデメリット

モッチスキンの泡が最大のメリットでデメリット

[モッチスキンを使うメリット]

  • 洗顔ブラシと組み合わせて使えば、特別なケアをしなくても毛穴の角栓がすっきり洗えていた
  • おかげで鼻の毛穴のボコボコ、目立ちが気にならなくなってきた
  • 気がついたらくすみも取れて自分で思っていた肌の色よりもさらに明るく感じられるようになった
  • 洗い上がりはつっぱらないけれどさっぱり。その後のスキンケアもより効果を得られやすそう
  • ブシュッと出すだけなので、泡立て要らずで洗顔の質も保てる
  • 濃密な泡だからこそ、ゴシゴシこすり洗いを防げて肌の負担も減らせそう

[モッチスキンを使うデメリット]

  • ネバネバがいつまでも残るので、丁寧に洗い流さなくてはいけない
  • 洗い流しが大変なので、髪の生え際やアゴなどにニキビができないかとても心配
  • 使い始めの数日は、肌が慣れなかったのかちょっとだけゴワつきが気になった
  • 泡を押し出すスプレーのボタンがめちゃくちゃ硬い
  • 無香料なので、ノリやアメーバのようなニオイが気になる
  • ヘアスプレーなどの缶と同じなので、40度以上になる場所に置きっぱなしにするのはNG

使い心地は面白いもののなかなかクセがあって慣れは必要です。それでも、入っているパパイン酵素とマリンシルト(海泥)が毛穴の汚れをキュッとうまく吸い取ってくれているんだろうなあ!と、毛穴への満足度はかなり高かった。いろいろな洗顔料を使ってきましたが、満足度ではかなり上位です。

ただ単にパパイン酵素とマリンシルトが組み合わせられているだけでは、毛穴にここまでの効果を発揮してくれるものは少ないので、きっとこのネバネバよく伸びて密着度を高めているこの泡だからこそ、毛穴にもしっかり働きかけができるんだと思います

モッチスキンを敏感肌が使うことはできる?

モッチスキンは敏感肌でも使える洗顔?

ちなみに、モッチスキン公式サイトでは敏感肌についてはこのように案内されています。

敏感肌の方は一度手の甲などでパッチテストを行ってからのご使用をおすすめします。

わたしも元敏感肌なので、ちょっと警戒しながら慎重に試してみましたが…。実際に使うことはできたものの、はじめはちょっと刺激が強く感じられるかも?と思いました。わたし自身、使い始めの1回目にはほんの少しピリッと刺激を感じ、慣れるまでの数日間は肌のごわつきが気になりました

成分的にはアレルギーでもない限り心配する要素はほとんどありません。

  • 洗浄成分はアミノ酸系で、適度に洗い流して刺激を与えにくいようになっている
  • その他の成分も刺激の少ない成分を工夫して組み合わせられている
  • 実はスクワランやセラミドなどの保湿成分もちゃんと入っている

とは言え、しっかり洗い流す系の洗顔ではあるので、はじめて使う時は少し慎重に。案内されている通り、パッチテストは行った方が良いでしょう。テストして使えそうだと判断できたら、最終的なジャッジは数日続けて肌が慣れてきてからするのが良いと思います。

おすすめのモッチスキンの使い方は、お風呂で、洗顔ブラシを使って

毛穴をごっそりキレイにして、くすみもさっぱり落とせる洗顔料であるモッチスキン。
使い心地に難ありなのが、何よりのデメリットなのですが、そのデメリットをカバーしていくためにはやっぱり、使い方を工夫するのが良いと思います。

  • 洗い流すのが大変なので、夜用洗顔と割り切って使うこと
  • お風呂場で、洗顔ブラシで顔に泡をぬるように洗顔していくこと
  • 洗い流す時は温めのシャワーで細かい場所まで丁寧に

使いにくさはお風呂で使えば比較的カバーできるので、夜用洗顔として活用していくのがおすすめです。毛穴への満足度がいまいち…という場合にはぜひ、洗顔ブラシも併用してみてください。手が届かない場所も丁寧に洗えるのできっとさらに毛穴への満足度を高めていけるはずです。

公式サイトで紹介されていた「顔を温めてから洗顔する」のも良い方法です。
(洗った後に毛穴を冷やして引き締めるのはあまり意味がないので成果は微妙だと思いますが…)
続ければ続けるほど、さっぱりツルリとした肌を手に入れられるようになるでしょう。

モッチスキンの購入は公式サイトからが安心。Amazonや楽天よりも安い

モッチスキンは公式サイトの他、Amazonや楽天でも販売されています。
勧誘や煩わしさを考えるとついつい楽天やAmazonを選んでしまいそうになりますが、安いことを優先させるなら公式サイトから注文するのが1番最安値です。

WEBショップ限定定期購入コースがあり、それに申し込めば1本あたり1,650円で購入できるのです。

  • 2回目以降もこの価格は継続。もちろん送料も無料。
  • 肌に合わなかったら1回使っただけで解約することも可能。
  • 継続回数に合わせて特典を受けることもできる
  • 新商品が出る時は毎回必ず優待価格で試すことができる

定期購入コースならではのサービスもたくさん受けられます。

それに、肌に合うかなど心配なことがある時は公式サイトから申し込んでおけば困った時に販売元に相談ができるので、より安心して使えます。他にも多くの商品を取り扱うショップなので、安心してお買い物できるはずです。

こんな記事もおすすめです

モッチスキンについての記事

まだ記事はありません

関連記事