敏感肌なら絶対にすっぴんはNG!肌を保護するための薄化粧を

敏感肌だからスキンケアはシンプルに。
肌を大切にしたいから、化粧もできるだけ避けている。
肌へのやさしさ重視でオーガニック素材ばかり選んでいる。

どれも敏感肌にやさしい印象を受けますが、実はこれ全部間違いです。

特にこれはマズイ!と影響度が大きいのが、肌を大切にするために化粧を避けるというもの。敏感肌は確かに、肌のバリア機能がうまく機能せず、ちょっとした刺激にも負けてしまいがちです。だから、化粧品も刺激を感じずに使えるものを選ぶのがとてもむずかしいという問題があります。

ただ、肌への刺激とは化粧品やスキンケアアイテムの化学物質だけではありません

肌への影響が大きな問題はそこらじゅうに転がっています。これを全部自力で排除するなんて無理!と言いたくなるほどたくさんです。だからこそ、敏感肌はすっぴんでいるのが1番良くないのです。

敏感肌がすっぴんでいると受ける悪影響とは

肌が弱い人がすっぴんで1日中過ごす場合、こんな刺激にさらされることになります。

  • 避けることができない紫外線からのダメージをそのまま受ける
  • 乾燥や多湿、気候によって肌の環境が安定せず、揺らぎの原因になる
  • 雑菌がついた手で肌を触れば、その雑菌も肌に触れることになる
  • 空気中に舞い上がるホコリも肌に直接触れることになってしまう
  • 肌を保護するものが足りず、肌から水分が逃げていきやすくなる

敏感肌はそもそも、肌のバリア機能がうまく機能しなくなった結果に起こっている肌の状態です。
肌が本来持っている力である肌を保護するパワーが足りずに肌が弱っているからこそ、スキンケアなどでできるだけ肌の保護を補ってあげることが何よりの対策になります。

敏感肌改善に欠かせないのが、スキンケアのセラミド補充

でも、この必要な対策もスキンケアだけではやはり、限界があるもの。スキンケアだけでは、紫外線のダメージや気候や環境的なものまで肌を守ることはできません。当然、もしこの対策もきちんとしていないとなれば、さらにそのダメージは大きく、ガン!とダメージを与え続けることになってしまいます。

ファンデーションなどには、肌をきれいに見せる以外にも肌をサラしているリスクを軽減させることができるメリットがあります。物理的に肌を粉やクリームでおおうことが可能なので、正しく選べば肌の保護にも十分役に立つのです。

でも、肌が弱いからすっぴんでいられない

肌が弱いからすっぴん、は実は大きな間違い

でも、肌が弱っていて化粧品を受け付けないからやむを得ない。そんな風に感じられている方もいるでしょう。実際、ファンデーションを使おうものなら、肌が赤くなってとてもじゃないけれどそのまま放っておくことはできないという場合もあると思います。

それでも、だからと言ってすっぴんのままでいたら、そんなファンデーションの成分すら受け付けない肌が紫外線や乾燥、ホコリのダメージを確実に受けてしまうことになります。自分で自分の肌を痛めつけているのと同じことになってしまうのです。

自分にあう化粧品を探すのは、忙しいタイミングだと面倒くさいなあ…と感じることも多いものですが。将来、自分の肌を見てため息をつかなくて済むようにするために、肌が弱っていても使える化粧品を見つけておくのはやっぱりとても大切なのです。

肌が弱っている時でも使いやすいファンデーション

市販のファンデーションはガッチリキープして肌を滑らかに見せ続けるため、どうしても密着率も高く肌に刺激の強い成分が使われることも多いもの。敏感肌には敏感肌のための化粧品を使った方が安全だし確実です。

  • 肌につけても刺激を感じたり赤くなったりしないもの
  • 自分が使いやすいと感じるもの
  • 紫外線カット機能もある程度ついていること

まず何より大切なのが、肌に負担をかけないものであること。それから、自分が使う時に負担にならないことも意外と大切です。価格も使い方も自分が納得できるものであれば続けやすいです。肌の保護は続けないと意味がありません。毎日使っていても負担にならないことも考えつつしっかり吟味してみてください

そしてもう1つ大切なのが、紫外線カットの機能がついているもの。SPF50でなければ!などの決まりはありません。日常的に使うものなのであれば、SPF30程度であれば十分でしょう。あまりに高機能なのも肌への負担が大きいので、欲張らずに上手くバランスが取れるものを選びましょう。

敏感肌におすすめできる、脱すっぴん!なファンデーション

ETVOS ミネラルファンデーション

ETVOSミネラルファンデーションは、ミネラルファンデーションの定番と言っても過言ではないくらいのアイテム。ミネラルファンデーションなので、どうしても使う手間はかかってしまいますが、肌への負担はめちゃくちゃ少なくて済みます。しかも、ミネラルファンデーションなのにカバー力はなかなかのもの。2種類のパウダーを重ねることで肌をツヤっぽくスベスベな陶器肌仕上げてくれます

ETVOSのミネラルファンデーションは肌にやさしくてよくできている

細かい粉なので、肌への負担は少ないし肌に刺激を感じづらいというのも大きなメリット。このファンデーションも夜つけたまま眠ることが可能です。当然、SPF30の紫外線対策機能付き。 クリーム系のファンデーションは全然合わない、という方ならこちらを使ってみると目からウロコがポロポロと落ちそうです。

ブラシの使い心地がとても気持ち良いのも特徴。使うのは本当に面倒ではありますが…。その感触を確かめてみるだけでも使って見る価値ありです。

ディセンシア アヤナスBBクリーム

敏感肌ケアのスキンケアブランドである、ディセンシア。ポーラとオルビスが共同開発していて、つつむシリーズやアヤナス、サエルなど敏感肌を守りながら肌を美しく保つ攻めのスキンケアを実現しています。その中の年齢肌対策ブランドである「アヤナス」にもBBクリームが用意されているのです。

アヤナスのBBクリームなら敏感肌を守りながらハリや毛穴も対策できる

このBBクリームは抗炎症成分に加え、敏感肌を守るディセンシア独自の成分、さらに肌へコラーゲン生成を促してハリや弾力までサポートする成分も加えられていて、BBクリームで肌を守る以上のケアを同時に行えるようになっています。特にハリや弾力へのケアはさすが!と言えるほどのもの。ストレスや疲れがたまった肌でもピンと張ったツヤっぽい肌を目指せます。

おかげで高いカバー力と毛穴補正も実現できているのも大きな特徴。肌への悩みが多い方ほど使う価値のあるクリームです。

敏感肌は自分が良かれと思ってしているケアが間違いの場合が多い

肌が弱くなってしまうと、ついつい肌をまもりたくなってどうしても肌へのやさしばかりに注力してしまいがちです。その中で「やっぱりすっぴんでいるのが1番良い!」という考えになってしまうのもよくわかります。
(わたし自身、そんな考えにハマってすっぴんで過ごしてばかりいた時期もありました…)

でも、そのすっぴんを続けている肌は健康そうですか?
肌の悩みは解決できていますか?

敏感肌は肌質ではなく、肌の状態です。日々の自分のスキンケア次第でいくらでも改善できます。肌を過保護なくらいに守って守りまくるケアにシフトした方が結局、肌にとっては良い場合も多いです。ぜひ、1度自分の日々の肌へのケアをシンプルケアから過保護ケアに見直してみてください。まずはフェイスパウダーを軽く使ってみる程度でも構いません。

この見直しこそ、今よりもずっと強くて動じない肌へ改善していく第一歩になるはずです。

肌へのやさしさ重視なら:

プラスアルファの機能性重視なら:

スポンサーサイト

こんな記事もおすすめです

ETVOSについての記事

関連記事